目尻

いろいろなアレルギーで目が痒くなる可能性がある

昨今はいろいろな理由で目のかゆみを訴えている方が増えています。アレルギーによるものであったり、季節による乾燥、飛沫している植物の花粉、PM2.5などの大気汚染物質だったりと、さまざまな原因が考えられます。

他にも、最近では職場や慣れない学校でのストレスでも痒みを発したりします。他人から仕事仲間から暴言、無視されることで「目を無くしてしまいたい」と考え、無性にひたすら目を掻きすぎて取り返しのつかないぐらい目を真っ赤に充血し、瞼を腫らしてしまうこともあるようです。

一般的に、アレルギーによる目の痒みや鼻水などは【アレルギー性鼻炎及びアレルギー性皮膚炎】と呼ばれ、多くの方が悩んでいる現代病の一つです。

鼻炎の方のなかにはハウスダストや煙草の煙を鼻から吸い込むことが原因で目やに、痒み、鼻水を引き起こすこともあります。これは身体が拒絶反応を起こし原因となる物質を追い出そうとする結果なのですが、目と鼻は繋がっているため鼻水だけでなく、目やにが出たり痒みを伴うという現象になってしまうようです。

そんな中でも一番厄介なのが、植物による花粉を吸い込むことで引き起こす花粉症です。

花粉は草木から出るものなので年中飛んでいますし、花粉症に関して完全に解明されておらず、誰でも発症する可能性があります。一度花粉症になってしまうと、新たな花粉に反応したり、今まで反応していた花粉に反応しなくなるなど対応がとても大変になります。

杉、檜、ブタクサなどさまざまな花粉がありますが、マスクで花粉を防止したり家の中に花粉を持ちこまない工夫をするなど予防を心がけましょう。