目尻

目元のたるみは刺激や筋肉の酷使が原因

加齢とともにできるものの1つが目元のたるみです。加齢とともに目元の筋肉が衰え、肌を支えられなくなって、たるみとなります。

この目元のたるみは、加齢だけでできるものではありません。日々の生活の中で肌に与える刺激が、たるみになっています。目元の筋肉を使う時は、なにかを集中して見ている時です。現代ではパソコンやスマートフォンが、目を酷使している代表です。小さい画面を集中して見る事は、目が疲れて筋肉を使います。

目の筋肉を使う事だけがたるみとなる原因ではありません。タバコは体に悪いのは広く知られていますが、なぜタバコが体に悪いかというと、タバコは血管を縮小したり、詰まらせたりしてしまうからです。そうすると目元の血液が滞り、目元に栄養が行きません。そして目元のたるみとなります。

紫外線も目元のたるみの原因となります。紫外線を浴びると、肌のコラーゲンというハリの成分が破壊してしまいます。ハリがなくなると、肌がたるんでしまいます。

目元のたるみを少しでも予防するためには、十分な睡眠をとる事が重要です。なぜなら、肌は夜中に再生しようと働くからです。夜の10時から夜中の2時までは、肌が再生する時間だと思って熟睡するようにしましょう。