目尻

目尻の整形は傷跡が残りやすい体質には不向き

目は美容にとって重要な部分であるため、目を美容整形する方も増えているようです。もちろん怪我や火傷が原因の場合や、生まれ持って左右の目の間隔が離れ過ぎてることの処置として整形することもあります。

整形への抵抗が薄くなる中で美容整形による目尻切開は広まってきましたが、代表的な整形術がいくつかあります。

・二重瞼
この手術をするには、アイテープと呼ばれる二重瞼用のテープで、どんな二重にするか決めます。手術法は皮膚を切らずに縫合するやり方と切開法があります。切開法は上瞼の皮膚を切開します。皮膚が厚くて、腫れぼったい目をしている人に向いています。目尻の余分な脂肪を取るので、すっきりした目になります。

・目の間隔が広くて、目が小さい人
目の横の長さが短く、目と目の間隔が広く、間延びした顔の人は目尻や目頭を切開して余分な脂肪を取り除きますが、傷跡が残り易い体質の人には向いていません。

・腫れぼったい目
二重瞼と同じ手術法で目尻を切開しますが、脂肪を取り除き過ぎると上瞼がくぼんで老けた顔になりますので、顔全体が丸々とした人には不向きです。

・目尻のシワ取り
30歳代から目尻のシワなどが気になると思いますが、手術法は上下の瞼を切開して余分な皮膚を取り除きます。簡単な手術で1週間後にはメイクも出来ますし傷も目立ちません。

日本人は余りシワは目立ちませんが、最近では高齢者も第一線で働く人も居ますので、目尻のシワ取り手術も増えているようです。