目尻

目の疲れは血行をよくしてブルーベリーやプルーンを摂ろう

パソコンを使ったり、ゲームをしたり、テレビを見たり、目を酷使している方は多いと思います。一般に、眠って疲れが取れれば、ただの疲れであり、眠っても治らなければ眼精疲労になります。

眼精疲労も疲れからくるものがほとんどですが、稀にドライアイや緑内障や白内障などの目の病気が原因のこともありますから、気になる方は専門医に御相談してみましょう。

疲れないように、パソコンやゲームなどの画面から時々目を離したり、遠くを見たりするだけで違います。画面を見ていると、まばたきも減っているので涙の量が減ってしまいます。涙の量が減ると免疫物質や栄養、酸素を目に運ぶ力が弱くなるので目が疲れる原因になってしまいます。

しかし、疲れてしまったときは、マッサージやツボ押しなども効果的ですが、タオルで温めるか冷やすかすると、即効性があります。

疲れている状態のときは、目の筋肉が収縮しているので温かい蒸しタオルをあてて目の筋肉をほぐしてあげましょう。蒸しタオルは水で濡らしたタオルを固く絞り、電子レンジでチンするだけなので簡単です。600ワットなら30秒程で良いでしょう。

また、目を酷使し過ぎて充血していたら、軽く炎症を起こしているので、この場合は冷やしてあげましょう。冷たいタオルでも良いかと思いますが、目元用の冷却シートはおすすめです。

食べ物だと、ブルーベリーやプルーンは目の疲労回復に効果があるとされています。ブルーベリーはジャムとして、プルーンはドライフルーツなどで、割と摂取しやすい食材です。サプリメントもたくさん売られていますし、疲れ目の気になる方は、意識して取り入れてみてください。